ホットヨガ 服装 ウェア

ホットヨガ、何を着る?

 

ホットヨガレッスンを受けるときは、普通のTシャツにスパッツで参加しました。

 

コットン素材のものだと汗を書いたときに不快になってしまうかなと思いましたが、一度参加して続けていく覚悟ができたら、動きやすいヨガウェアを選ぼうと思いました。
やはり体質転換や姿勢改善、体力づくりのためにはある程度続けていかなければと思いますし、継続コースを考えることにしたので、ウェアに関してはいろいろと候補を探しています。

 

どういったお店で扱っているのか正直わからないので、ネットで探そうかなと思います。

 

ネットだと試着できないけれど、色など様々選ぶことができるのでいいなと思います。

 

買い物はすぐ決めてしまうと失敗することが多い性格だし、ヨガウェアに関しても一度購入したら長く使えるものだと思うのでこだわって選びたいと思います。

 

一番最初にホットヨガに行くときは、タオルも念のため多めに持っていきました。

 

 

レッスンを受ける教室はタオルとお水だけ持ち込みができると、もともと聞いていたので、お水はたくさん持っていきました。
しかし、お茶をもっていたのをインストラクターの方に見られて、お茶よりお水のほうがずっと体の代謝に良いと言われてちょっとショックでした。

 

会員の方はLAVAで販売している水素水をマイボトルで購入していて、慣れた感じで汲んでは飲んでいたので良さそうだなと思いました。
また、レッスンの前に脂肪が燃えやすくなる飲料があるので購入してはどうかという説明を受けました。

 

 

結構高価なものでしたが、せっかくヨガのレッスンを受けるのだったら飲んだほうがいいのかなという気持ちになってしまい、一番安いものを購入しました。

 

この話については、その場で急にされたものなので少し戸惑いました。

 

初回体験料金が割安にできるのは、追加の飲料で元をとっているのかなと思います。
自分以外は、本格的なヨガ専用のウェアを着ている方がほとんどでした。

 

ヨガのウェアだと気分が高まってよさそうだなと思い、見ていると欲しくなってしまいました。

 

ピタッとしたタイプの汗もうまく吸ってくれそうな素材のウェアが目を引きました。

 

インストラクターの女性もピタッとした専用のウェアを着ていました。スタイルもよく見えて、良いなあとおもいました。
ホットヨガのレッスンを受けるため、化粧はせずにいきました。教室までは自転車で10分くらいでしたが、紫外線ケアが気になったので、日焼け止めだけ塗っていきました。

 

ホットヨガの後のシャワーとメイク

 

私がレッスンを受けた店舗は、LAVAの岡山店です。他の受講者の方も、みんなスッピンだったので安心しました。

 

実際レッスンを受けてみて、滝のように汗が流れたので化粧をしていかなくて正解だったと感じました。

 

帰りはすぐに家に帰って休憩したかったので、化粧グッズは持たずに行きました。シャワーを使いたかったので、化粧水くらいは持っていきましたが正解でした。
ホットヨガのあとはシャワーを使えるということだったので、利用することにしました。

 

レッスンを受けた全員がどっと押し寄せたので大行列でした。シャワールームは小さいもので、おまけにたくさんあるわけではないので10分ほど待ちましたが、皆さん、勝手を心得ているようだったのでそんなに待ったということもなかったので良かったです。しかしながら、アメニティをもっていかなかったので、シャンプーとかが全くなくて不便でした。タオルやハンドタオルは無料で貸し出してくれたのでそれは良かったです。ロッカールームもわりと広めで、レッスンが終わってすぐはくたくたで休みたかったので椅子もあって休憩できました。
ホットヨガの後での髪質の変化はとくにありませんでした。ヘアカラーもしていなかったので、カラーが落ちるとかも気になりません。

 

教室がすごくムシムシしたので、お肌や髪にはいいのかなと思っていました。